/>の記事一覧

アルル①

カテゴリ:観光

05/15

プロヴァンスに来ると必ず訪れる町のひとつアルル。この町には
たくさんのローマ遺跡が集まってます。まだプロヴァンスが北の
パリより栄えていた頃、カエサルシーザーによってローマ帝国の
支配になりこのあたりに様々な建物、円形闘技場、劇場などが
作られていく。
montage1_convert_20100515221721.jpg
その頃最も繁栄していたマッサリア(マルセイユ)にとって変わり
経済成長しアルルの港にはアジアやアフリカから多数の商船が
入ってくるようになり貿易も始めました。
しかし5世紀末から相次ぐ侵略により、町の繁栄も衰えかつての
栄光はきえていくがこの町にはその頃に作られた遺跡が
今でも残ってます。
円形闘技場 ローマ時代は血生臭い闘いが行われていたが、
その闘いが廃止になり要塞として使われるようになり200件ほど
家が中に作られた。その小さな町が撤去され再建工事が始まり
1825年に再び闘牛が行われるようになりました。
現在では4月から9月までスペイン式闘牛とカマルグ式闘牛が
行われています。
昔は身分が違うもの同士がすれ違わないようにとたくさんの
出入り口が工夫されています。
ここは上の展望台まだ行けるのでお勧めですが、かなり階段が
急で多いのでゆっくり登ってください。

古代劇場闘技場よりも前、紀元前1世紀末に作られた劇場。
闘技場よりははるかにひどい状態で現在に伝えられていて9世紀には
要塞として使われそのあとはとうとう庭園の下に完全に
埋まってしまう。
17世紀に再発見され現在2本の大きな柱が残っている。
昔は100本の柱がありマイクがなくても肉声で劇を
演じることができた。
patrimoine.jpg
現在はオペラ、コンサート会場として主に使われているが、
3年に一度行われる<アルルの女王選び>の会場としても
使われている。
昔からギリシャの血をひくため美人が多い事でも有名な町で、
条件は民族衣装を自分で着付けできる事、昔のプロヴァンス語を
話せる事などいろいろと条件があるようです。
普段アルルの民族衣装を着た女性に会うのは難しいが、
町の中にあるアルラタン博物館では
民族衣装を着た女性が出迎えてくれます。
trad1.jpgmontage_reine.jpg


プロバンス生活情報応援クリックお願いします。

04/25

ソルグ川の島という名前の通りこの町はヴォークリューズの泉
からくるソルグ川に囲まれてます。
かつて織物業が盛んだったこの町にはいくつかの水車が使われており、
昔の名残で今でもいくつか残っています。
人口約2万の小さな町ですが、毎週日曜日には大きなアンテイーク市
が開かれます。200以上の骨董品のお店があるとも言われています。
日曜用品から食材まで何でもそろっています。
通りによって大体売られているものが決まっています。
プロヴァンス柄の生地、テーブルクロス、香り袋など
食材はオリーブやハーブなど様々です。はかり売りなので少しずつでも買えます。
市は一日中行われています。町の中心部には市庁舎や教会などがあります。
provence84+007_convert_20100425072002.jpg   provence84+008_convert_20100425072219.jpg
アヴィニヨンから電車やバスがでていますがシーズンオフの時期は本数など
減りますのでよくご確認下さい。この町はわりとかわいらしいプチホテル
などもたくさんあります。



トップへ | 

プロフィール

最新記事

訪問ありがとうございます。

リンク

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

QRコード

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー