2012年11月の記事一覧

11/25

モロッコではハマムと呼ばれる公衆のお風呂やさんがたくさん
あります
下に座る敷物やバケツなど持参です

中はとても広くいくつか温度のちがう部屋があります。
最初に石鹸をつけ少しおいてからあかすりの始まりです
かなり時間をかけてのあかすりです。これを使います。
015.jpg

結構痛いので泣いている子もいましたが

場所によってはマッサージをしてくれる所もあるそうです。
その後 髪の毛を洗い終了です

今回はモロッコの女性が良く来ているジェラバという洋服を
買いました。ハマムの後はこれを来て家に帰りました。
011.jpg

ジェラバもいろんな種類があり、ボタン式のもありました。
色も素材も様々です。

15年前に行った時とはだいぶモロッコも変わったような気が
します。
実家の前は以前は砂でコンクリートではなく、車が通ると
ホコリがたちお水をまいてたりしたのを覚えています。
今は道もだいぶ良くなっています。


今回は時間が短くあまり観光はできませんでしたが近所の
子供たちが良く面倒をみてくれて少しアラビア語も覚えて
楽しかったです

次回は砂漠に行ってみたいです

プロバンス生活情報クリック応援お願いします。

南仏アヴィニヨン発着の現地ツアー(半日、一日コース)など日本語で行っています。
詳しくはこちらのサイトからご覧下さい。

プロヴァンスサイトのホームページ

プロヴァンスサイトのブログ

11/16

モロッコの朝食が好きでモロッコに行く楽しみの一つでもあります
近くのパンやさんでは、ミニクレープやホットケーキみたいの
などたくさん売っています。
ほとんどはみんな家で作ってるんだと思いますが、旅行者にはすぐ買えて
ありがたいものです
甘いミントテイーと一緒です

ミニクロワッサン、ハッシャ、 ミニクレープなど・・・

014.jpg


ムスメン 
小麦粉とお水を混ぜながらつくります。パイ生地みたいな感じです。
028.jpg

フカスというビスケットみたいなおかしです。
私はお菓子の中ではこれが一番好きです
CIMG4120.jpg

クレープやムスメンはオリーブオイルや蜂蜜などつけて食べます

最近我が家では朝チーズをよく食べています。
朝からチーズは私はあまり食べれませんが子供たちはよくパンにつけて
食べています。
スーパーではいろんなチーズやパンが。やはり種類は豊富です
CIMG4127.jpg

007.jpg




プロバンス生活情報クリック応援お願いします。


にほんブログ村

南仏アヴィニヨン発着の現地ツアー(半日、一日コース)など日本語で行っています。
詳しくはこちらのサイトからご覧下さい。

プロヴァンスサイトのホームページ

プロヴァンスサイトのブログ


11/14

モロッコに着き、すぐ断食明けのお祭りがありました。
毎年約一ヶ月間断食は続きますが、その最終日から2ヵ月後に
大きなお祭り犠牲祭があります。
モロッコでは年末年始のお休みよりも大事みたいでこの時期に
ヴァカンスをとる人が多いそうです
なぜ羊が犠牲になり食べるのかというと、昔イブラーヒームに
神から「自らの子を神の犠牲に捧げよ」というお告げが
ありました。イブラーヒームが神にはさからえず自らの子を
犠牲にしようとしたその時、神は変わりに羊を神に捧げる
ように指示したのです。

この日は朝からみんな大忙し。ほとんどの人は朝早くまず
モスクにお祈りに出かけます。
私たちは主人のお姉さんの農家に行く準備です。
車を出発させまず生きたままの羊さんを車に乗せ、出発です。
手足が縛られていたのでそんなに動きはありませんでした。
お姉さんの農家に着きいろんな準備が始まります。
一家族につき羊は一匹。兄弟で割り勘する事もありますが、
今回はこの羊さんを買いました。
029.jpg

今回は兄弟たくさん集まったので、羊、ヤギなど5,6匹が犠牲に
なってました。残酷ですが、こちらでは犠牲になる様子な普通に
テレビで放送していてびっくりでした。
さすがに私の子供たちもかなり顔がひきつってました・・・

たくさんの羊料理がでてきて夕方ごろに帰ってきました。
これから3日間ほどずっと昼夜と羊料理です・・
ごはん、パスタが食べたいね・・と子供たちと話しながらにぎやかな
お祭りが終わりました

031.jpg
この犠牲祭はフランスでも同じように行います。
イスラム系の子供たちはこの日は学校を休み家族と
一緒に過ごします。この日学校に来るのは半分くらいです。

日本では見たことがなかったざくろお庭にたくさんありました。
018.jpg

CIMG4124.jpg
中はこんな感じです。フランスではシロップもよく売られています。


プロバンス生活情報クリック応援お願いします。



にほんブログ村

南仏アヴィニヨン発着の現地ツアー(半日、一日コース)など日本語で行っています。
詳しくはこちらのサイトからご覧下さい。

プロヴァンスサイトのホームページ

プロヴァンスサイトのブログ

11/11

2年ぶりに主人の実家モロッコに行ってきました
フランスはちょうど秋休みで学校を少し休ませ10日間ほど
行って来ました。主人と子供たちは車でフランスのセットという漁港から
モロッコのタンジェという町まで船で行きました。車をフェリーに乗せて、
船の中では2泊です。私は最後仕事があったので、一人でマルセイユ
から飛行機で行きました。今回初めて格安の航空チケットで
行きました。マルセイユからマラケッシュまで約2時間。
安いですが、機内の中はけっこう広く、でも座席がビニールシートで
ちょっと冷たかったです
手荷物は10kgまで一人一つ。超えると追加料金50ユーロ
だそうです。
結構満席でいつ出発かなと思いつつ15分遅れのアナウンス。
しばらくたっても何も動きがなくさすがモロッコ人ぶつぶつ文句を
言い始めました・・・すると
税関かなんかで捕まっている人が4人ほどいますので、しばらく
お待ちくださいというアナウンスが流れました。
結局約1時間ほど遅れて出発しました。
無事マラケッシュの空港に着きました
主人の友達に迎えに来てもらい、実家の小さな村までタクシーで
行きました。
その夜子供たちと会い、一安心モロッコは10月まだ暖かかったです。
モロッコには主人と出会ったころ15年ほど前に行った事があります。
日本の生活、文化とあまりにも離れていてびっくりしたのを
覚えています。
まずは車の運転の仕方がすごい・・・自分が曲がりたいときに
曲がる感じですぐにクラクションを鳴らします。
車の量もかなり多いです。
あとは女性が外に出ていない事。大きな町では見かけますが、
小さな農村では絶対に見かけません。
このことは今でも変わっていません。

最初の数日は主人の実家の家に泊まらせてもらいました。
子供たちも近所の子供たちやいとこ達とお互い片言のアラビア語と
フランス語で仲良く遊んでいました

003.jpg

006.jpg

009.jpg

数日後はモロッコでは最も大切な行事、断食明けのお祭りがありました
次回のブログに書きます。

プロバンス生活情報クリック応援お願いします。


にほんブログ村

南仏アヴィニヨン発着の現地ツアー(半日、一日コース)など日本語で行っています。
詳しくはこちらのサイトからご覧下さい。

プロヴァンスサイトのホームページ

プロヴァンスサイトのブログ
トップへ | 

プロフィール

最新記事

訪問ありがとうございます。

リンク

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

QRコード

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー