04/25

フォンテーヌドボークリューズという町はアヴィニヨンから車で、
約30分位行った所にある小さな町です。
人口は800人ほどですが、泉を見に年間100万人以上の方が、
この町を訪れています。
世界でも最も豊富な水量があり、季節によっておおきく水量が
変わります。冬はアルプスのほうからの雪解け水があり水量も
ふえます。以前から水源を探る調査を行ってるがいまだに、
どこからお水がわきでているのか不明である。
provence84+019_convert_20100425064024.jpg provence84+023_convert_20100425064242.jpg



町の中心に町役場がありずっと坂を登っていきます。
おみやげやさん、レストランが両側にあり少し行くと、水車が
みえてきます。これは昔ここは水車を使って古い布を砕いて紙を
作っていたので、その時の製造方法が紹介されています。
ラベンダーの花びら入りなどなかなか上等な紙が作られています。
プロヴァンスのお菓子などまたガラス工場などもあります。
泉の所まで片道約20分ほどかかりますので、途中、川のお水を触れたり
する所もあるので休んでから行くことをお勧めします。
道もコンクリートではなく砂利道なので歩きやすい靴でも見学がいいと思います。
provence84+012_convert_20100425063534.jpg  provence84+017_convert_20100425063815.jpg

夏は観光客でにぎわっていますが、冬は閑散としててお店やレストランは、
ほとんど閉まっています。
どこのレストランもボリュームがありおいしいです。

南仏からいろんな情報をお伝えします。
ショップでプロヴァンス雑貨販売してます。
http://avignon.cart.fc2.com/
goodday0032001@yahoo.co.jp
河口

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://junkoboukdir.blog14.fc2.com/tb.php/6-f84f95b9

プロフィール

最新記事

訪問ありがとうございます。

リンク

最新コメント

カテゴリ

フリーエリア

QRコード

ブロとも申請フォーム

FC2ブログランキング

FC2ブログジャンキー